宿泊施設で旅行は決まる

宿泊施設の種類

旅行に行くと決まったら、楽しみにしつつも迷ってしまうのが宿泊施設です。
寝るだけではなく、場合によっては夕食をとったり、同行者との憩いの場になったりととても重要な意味を持っています。

一般的に、旅行でよくつかわれる宿泊施設は4つに分けることができます。
・ホテル
・旅館
・民宿
・ペンション

それぞれによって、建物自体の大きさや部屋の数や作りなど、細かな違いがあります。

また、ホテルと一言でいってもビジネスホテルやリゾートホテル、シティホテルなど、その中からさらに分類されることもあります。

一人で行くのか、友達と行くのか、また家族と行くのかで宿泊先を変えると、より希望に沿った宿泊にすることができます。
特に、小さい子供を連れている、部屋は和室がいい、などの希望する事情があるのであれば、それをもとに選ぶことになります。

行き先や同行者から選ぶ

それぞれの宿泊施設はどのような旅行者に向いているのでしょうか。
細かな事情で多少変わりますが、一般的にあっている宿泊施設をご紹介します。

・ホテル
落ち着いた場所でゆっくりと過ごしたい人や、若い人に人気です。
特に観光地近くにあるリゾートホテルは若い旅行者に大人気となっています。
また、一人旅で宿泊先にあまりこだわらず、さっと寝るだけでいい、といった場合にも彌時寝るホテルがよく使われます。

・旅館
家庭的な温かみを求める人や、家族連れなどに人気です。
また、温泉を中心とした旅行の際も重宝されます。

・民宿、ペンション
若い人たちのグループや、一人旅に好まれます。
また、費用を安く抑えたいといった場合にもよく使われています。


この記事をシェアする