ホテルと旅館の具体的な違いとは

ホテル

ホテルとは
・客室は10室以上で、主に洋室
・部屋の中にシャワー室、もしくは浴室がある
・出入り口には鍵をかけることができる
・料金は一部屋単位が多い
などの特徴があります。

また、基本的に朝食はついていることが多く、夕食はついていない事が多いです。
ただし、これはプランなどで変更も可能です。
必要なものはそろっているものの、プライバシーを重視したい人向けの施設になります。

ホテルは洋風のものが多いことから、リゾートや大型遊園地などの旅行に行ったときに利用すると雰囲気が合います。
特に近くに観光地があるホテルでは、その観光地に合わせたコンセプトでホテルを作っていることも多いため、楽しんだテンションのままホテルでも楽しむことができるのです。

旅館とは

旅館には
・客室は5部屋以上で主に和室
・料金は部屋単位ではなく、人数単位(一人いくら)が多い
・時間が来ると布団を敷いてくれる
などの特徴があります。


露天風呂や温泉などがついている場合も多く、こういったものが好きな場合は旅館を選ぶ人が多いです。
人によってデメリットとなるのは部屋に中居さんがよく出入りすること。
あまり立ち入らないでほしい、チェックインしたら後は放っておいてほしい、という人には向いていないかもしれません。

和のおもてなしが中心の旅館には、家族旅行や和風の行き先がぴったりです。
温泉旅行やお寺巡り、紅葉狩りに行く時などであれば、旅館を選ぶと雰囲気がそのまま楽しむことができますね。
また、部屋で食事を解くことができるなどの理由から、子供連れの家族にも人気です。


この記事をシェアする